納豆

【スポンサードリンク】

大豆加工食品である納豆や豆乳は私たちの生活の中で、大変手頃に摂取できる良質な植物性タンパク質です。納豆に含まれるナットウキナーゼは、納豆が発酵する段階で生成されるタンパク質分解酵素の一種で、簡単に言うとネバネバに含まれる酵素です。
これは、血液の流れをよくしてサラサラにしてくれる働きがあるのです。また、納豆は納豆菌によって、腸内細菌のバランスを整え下痢や腸炎を予防し便秘を改善してくれます。
そんなすばらしい成分を持つ納豆が、炊飯器を使って、意外と簡単に手作り出来るのでご紹介します。

[材料4人分]05.gif
① 大豆 250g
② ミョウバン 小さじ1
③ 市販の納豆 1パック
④ 水 適量

[作り方]
① 大豆は、水洗いして鍋に3倍程度の水と一緒に入れ、ミョウバンを加え強火にかけ
   沸騰させる。5分程茹でたら火からおろし、ゆで汁を十分に切っておきます。
② 再び3倍程度の水を入れ火にかけ、沸騰したら弱火にしてやわらかくなるまで煮ます。
   (指で押すとつぶれる程度です。)
③ ②の大豆の水気をよく切り市販の納豆と共にタッパーに入れよくかき混ぜてから
   フタを閉めます。
④ ③を炊飯器の中に入れ保温ボタンを押して12~20時間保温します。

edit

【スポンサードリンク】