便秘に豆乳

【スポンサードリンク】

便秘はそのままにしておくと食べ物が腸内で腐敗して吹き出物や肥満、むくみの原因になってしまいます。
便秘の原因としては、水分不足、食物繊維不足、運動不足、便意のがまん等です。いずれも日常の食生活や生活スタイルから来るものなので早めに大豆(豆乳)で改善しましょう。
大豆に含まれる成分で最も便秘に作用するものは食物繊維です。
大豆に含まれる食物繊維は体内で水分を吸収して膨らみ排便を促してくれます。
驚く事に大豆に含まれる食物繊維はごぼうの倍近い量なのです。
ですが豆乳には食物繊維はあまり含まれていないので注意して下さい。

豆乳に加工される時の絞りカスであるおからの中には豊富に含まれています。(最近では、おから入りの食物繊維がたっぷり入った豆乳も出ているようです)
肉類等の動物性脂肪を摂取しすぎると、消化するために大量の胆汁酸が分泌され腸内細菌によって発ガン性物質に変ってしまう事があります。
その時に食物繊維が余分な胆汁酸を減らすと共に、発ガン性物質を体外に排出してくれるようです。

食物繊維と並んで便秘の解消に役立ってくれるのが大豆オリゴ糖です。大豆オリゴ糖は腸内で有効に働くビフィズス菌などの善玉菌の働きを助け活発にしてくれます。
大豆オリゴ糖は豆乳にも、多く含まれています。
大豆加工食品や野菜などを意識的に摂取し、症状がひどくなる前に改善し、健やかな毎日を過ごしましょう。

edit

【スポンサードリンク】