冷え性に豆乳

【スポンサードリンク】

暑い夏でも手足が冷たい、一年中靴下を履いていないといられない等と言う人は少なくありません。
特に女性は二人に一人は冷え性だと言われています。
冷え性の原因は、血行不良や低血圧、貧血、筋肉不足、下着や靴下による締め付け等の原因が挙げられます。
体が冷えると言うだけでなく不眠や便秘、下痢、膀胱炎、むくみ等にもつながってきます。冷え性を改善するには、ぬるめのお湯にゆっくりつかる、軽い運動をする等して新陳代謝を高める必要があります。
同時に体を温める食べ物を摂取する様にして体の内側から冷えを改善する必要があります。

大豆(豆乳)は体を温める食べ物の一つでそのタンパク質やビタミンEが全身の血行を促進してくれます。
代謝を活発にする働きのあるメチオシンにも体温を上昇させる働きがあります。ですが、体を温める食べ物といってもそればかりを食べるのでは、効果は得られません。体を温める食べ物を上手に組み合わせて摂取することが望ましいでしょう。
体を温める食べ物は大豆(豆乳)の他に、カボチャ、ネギ、唐辛子、ニンニク、うなぎ、牛肉、しょうが、等があります。

冷え性を改善すると言う事は、体質改善にもつながります。
ですから、即効性は期待できませんが、半年や1年続けて見る事が大切です。意識して大豆(豆乳)を食べるようにしてみると良いでしょう。

edit

【スポンサードリンク】