更年期障害

【スポンサードリンク】

更年期障害と言う言葉をよく耳にしますが、更年期とは閉経をはさんだ10年間位の事を言います。
平均の閉経年齢が50歳位なので45歳~55歳位と言えばわかりやすいでしょうか。
更年期障害の症状としては、ほてり、のぼせ、発汗、めまい、頭痛、倦怠感、無気力、血圧やコレステロールの上昇等、様々な症状があります。

この様な症状は女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって起こると言われ、その分泌は20代後半をピークに減少していきます。40代位までは比較的ゆるやかな減少なのですが、更年期を境に急激に減少してしまうのです。その為、骨の維持、コレステロールの調節、コラーゲンの生成等が十分にできなくなってしまいます。

そんな更年期の女性にとって大変重要な食べ物が大豆(豆乳)なのです。
大豆はイソフラボンと言うエストロゲンに良く似た構造の成分を持っています。ですから、イソフラボンを体内に取り入れる事でエストロゲンと同じ様な役割をしてくれるのです。
大豆(豆乳)が更年期障害に効果的に働くと言う証拠に、大豆(豆乳)をよく食べている人とあまり食べない人と比べると食べない人の方が病院を受診する人数が明らかに多くなっています。

イソフラボンの1日の必要量は40~50mgなので、納豆なら1パック、豆乳なら1~2杯と大変手軽に摂取できるのです。

edit

【スポンサードリンク】