生活習慣病

【スポンサードリンク】

最近、生活習慣病と言う言葉を聞いた事のない人は、いないのではないでしょうか?具体的にどのような病気をさすのかと言いますと、糖尿病、脳卒中、心臓病、高脂血症等があげられます。いずれも初めはほとんど自覚症状がないので、放っておいてしまうと言う事が多い様です。

生活習慣病の要因としては、次のような事があげられます。油っこい食べ物や甘いお菓子、塩分の摂りすぎ、喫煙、不規則な生活、運動不足、アルコールの飲みすぎ、ストレス等です。この様に生活習慣病とは文字どうり日頃の生活習慣の積み重ねによって起こるものなのです。ですから、毎日の心がけ次第でいくらでも予防できるものなのです。
生活習慣病を予防する為には、食生活の改善は必ず必要です。
野菜や海藻類を多く摂取する様に心がけて適度な運動や禁煙、禁酒が大切です。それに加えて、大豆(豆乳)の良質なタンパク質を積極的に摂取する事が望ましいでしょう。

大豆(豆乳)には良質のタンパク質の他に、コレステロールを下げる働きがあり、成人病の予防に有効です。その上ミネラルやビタミンの補給にも大豆(豆乳)は最適なのです。
「毎日忙しく朝食を食べる事も困難で、夕食は外食が多い」と言う方は、毎日豆乳を1本飲むだけでも健康な体に近づけるはずです。是非試してみてはいかがでしょうか。

edit

【スポンサードリンク】