イライラに豆乳

【スポンサードリンク】

訳もなくイライラしている人に対して「カルシウムが足りない?」等と言う事がありますが、これは全くの的はずれな意見ではないのです。
カルシウムが不足すると骨や歯がもろくなるばかりではなく、神経が過敏になりイライラしやすくなるのです。日本人のカルシウム摂取量は先進国の中でも最低レベルです。
その理由としては、食事の欧米化が進み魚介類の摂取が減って来ている事。農産物や水に含まれるカルシウムが少ない事。ストレスを感じやすい社会である事(ストレスはカルシウムを体外に排出する作用があります)乳製品の摂取量が少ない事。等があげられます。

また、閉経を境に骨密度が著しく減少してしまう為更年期以降の女性の多くにこの症状がみられます。カルシウムと言えばまず牛乳を思い浮かべる人が多いでしょう。実際の所、豆乳よりも牛乳の方が多くのカルシウムを含んでいます。

しかし、カルシウムは「マグネシウムと一緒に摂取するとより体内に吸収されやすくなる。」と言う性質を持っているのです。豆乳や豆腐等の大豆加工食品には、カルシウムとマグネシウムの両方が、バランスよく含まれています。ですから、カルシウムを補う為には大豆(豆乳)は最高なのです。

年齢や性別に限らず日本人全体に不足しがちなカルシウムですが、是非大豆製品をたくさん摂取してカルシウムの補給をお勧めします。
食事前等の空腹時に豆乳を1杯飲むとより吸収率が、高まるようです。

edit

【スポンサードリンク】