高血圧

【スポンサードリンク】

日本人の3大死因は「ガン」「脳血管障害」「心臓病」です。
このうち脳血管障害と心臓病は高血圧が原因となって起こることが多いようです。健康診断で血圧が高めだと言われたら高血圧になる前に早めに改善することが必要です。
高血圧の予防には大豆(豆乳)に含まれるタンパク質が大変有効です。
高血圧の治療には、AEC阻害剤と言う薬が用いられるのですが、これは血圧を上昇させるAEC酵素の働きを阻止する為の薬です。大豆(豆乳)のタンパク質が消化される際にもこれと同様の物質が生成されることがわかってきました。

つまり、大豆(豆乳)のタンパク質には血圧を下げる薬と同じ作用があると言う事です。
元々、コレステロールを下げる働きがあるので相乗効果が期待できると言う事になります。
さらに、高血圧に悪い事と言えば塩分の摂りすぎですが、大豆の成分が余分な塩分を体外に排出してくれる働きもあるので大変心強い食品と言えるでしょう。
ですが、塩分の摂りすぎには十分注意が必要で、高血圧治療の為には是非とも塩分の摂りすぎに注意して行く事が大切です。

edit

【スポンサードリンク】