肥満

【スポンサードリンク】

肥満は放っておくと高血圧や高脂血症、糖尿病の原因にもつながります。
大豆(豆乳)のもつタンパク質は、コレステロールや中性脂肪を体外に排出してくれダイエットの手助けをしてくれるでしょう。
20年前に比べると女性の肥満は減少傾向にありますが、対照的に男性の肥満率は上昇しています。肥満の目安とされているのが、BMI値ですが([体重]÷[身長])これが25以上の場合は一般的に肥満と言われます。

バランスのとれた食事と適度な運動でダイエットする事をお勧めします。先ほども述べましたが大豆(豆乳)のもつタンパク質には、肥満の原因となるコレステロールや中性脂肪を体外に排出させる働きがあります。
また、大豆に含まれる食物繊維は、腸に働きを刺激して排便を促してくれます。ただし、残念ながら豆乳に食物繊維は、あまり含まれていません。

ですが豆乳を搾ったカスのおからには豊富に含まれているのでカロリーを制限して空腹を感じた場合等にもおからを献立に加える事で少量でも満腹感を得る事ができるでしょう。
「食べたい物をがまんするくらいなら肥満でもかまわない」等と言わずに今日から上手に大豆加工製品を取り入れてダイエットしてみたらいかがでしょうか。
まずは、1杯の豆乳から始めてみませんか?

edit

【スポンサードリンク】