大豆レシチン

【スポンサードリンク】

健康ブームから「サラサラ血液」「ドロドロ血液」と言う言葉を耳にする事がよくあります。
サラサラ血液は善玉コレステロールが血液のコレステロール値を正常な状態に保ってくれている状態の事を言います。
一方ドロドロ血液は悪玉コレステロールが血管の壁や細胞膜のこびり付いて、血液の流れを悪くしている状態を言います。ドロドロ血液をそのまま放置しておくと、動脈硬化や高血圧につながる恐れがあるので注意が必要です。

そんなドロドロ血液の予防に最適なのが大豆(豆乳)なのです。大豆(豆乳)に含まれるレシチンは血液中の悪玉コレステロールを溶かし、体外に排出してくれる働きがあると言われています。
さらに善玉コレステロールを増やし、コレステロール値を正常に保ってくれると言う大変心強い働きをしてくれる食べ物です。大豆レシチンを効果的に摂取する為には、ビタミンEと組み合わせるのが良いようです。
それは、ビタミンEは酸化しやすい大豆レシチンの脂質の酸化を抑制してくれる働きがあるからです。
大豆(豆乳)と一緒にビタミンEを多く含む食品を摂る様に心がけると良いでしょう。ビタミンEを多く含む食品は、ナッツ類や本マグロ、小麦胚芽油などです。

レシチンにはもう一つ大変注目される働きがあります。
それは、集中力や記憶力を高める働きです。脳細胞を活性化する情報伝達物質の一つにアセチルコンと言う物質があるのですが、そのアセチルコンを作っているのが大豆レシチンなのです。
アセチルコンが不足すると痴呆症にもなりやすいと言われています。

edit

【スポンサードリンク】