大豆タンパク

【スポンサードリンク】

大豆は畑の肉とも言われ、精進料理では肉の代用品としても使われています。大豆タンパクは植物性タンパク質で中性脂肪を体外へ排出させ、必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。

タンパク質と言うと太りそうと言う風に心配される方もいらっしゃるかと思いますが、摂りすぎてコレステロールの増加につながってしまうのは、肉類等の動物性タンパク質なのです。
大豆(豆乳)に含まれているのは植物性タンパク質なので、血中コレステロール値を下げる働きがあり、さらに血管を丈夫に保ち、中性脂肪や胆汁酸を体外に排出させる働きがあります。
つまりコレステロールを気にする人こそ、大豆タンパクを沢山摂取する事が血液サラサラにつながるのです。

タンパク質が良質であるかどうかは、アミノ酸のバランスで決まり、体内で合成される物とされない物があります。体内で合成されないアミノ酸は「必須アミノ酸」と呼ばれこれは、食べ物からしか摂取できないのですが、健康な体の為には欠かす事が出来ない成分です。
大豆(豆乳)には全ての必須アミノ酸がバランス良く含まれているのです。

edit

【スポンサードリンク】