リノール酸

【スポンサードリンク】

大豆(豆乳)は大変ヘルシーののですが、驚く事にその中には、100g中に19gもの脂質が含まれているのです。
ですが、大豆(豆乳)に含まれた油は、リノール酸やαリノール酸であり必須脂肪酸と呼ばれ、体にとって必要な脂質なのです。

リノール酸は血管にコレステロールが付着するのを防ぐと共にコレステロール値や中性脂肪が付着するのを防ぐ働きがあります。リノール酸は酸化しやすいと言う欠点がありますが、大豆(豆乳)に含まれるサポニンとビタミンEの抗酸化作用のおかげで血液サラサラ効果等の優れた働きを保つことができます。

そして、αリノール酸には細胞を活性化し学習能力を向上させる働きがあると言われています。大豆(豆乳)にはこの二つの他に、悪玉コレステロールを体外に排出させ善玉コレステロールを体内に留まらせるオレイン酸も含まれているのです。

サラダのドレッシングに大豆油を使用したり、食事の前に豆乳を飲むなどの工夫をすると良いでしょう。

edit

【スポンサードリンク】