大豆サポニン

【スポンサードリンク】

大豆サポニンは肉等の動物性食品を摂り過ぎると発生しやすくなる過酸化脂質を分解する力があります。過酸化脂質はガンを起こす要因の一つであり酸化した脂肪の固まりです。

アメリカでは、20年以上前からガンを予防する食品についての研究が進められて来ました。
その結果、ガンに効果があるとされる40種類の植物性食品が選ばれ重要度に汚応じてピラミット状に分類されてまとめられました。

大きく3つに分類された食品のうち、その予防の可能性が最も高いとされる食品は、大豆(豆乳)、キャベツ、ニンジン、セロリ、しょうが、ニンニク等です。大豆(豆乳)の成分の中でも最もガンに効果を発揮するのは、大豆サポニンですが、サポニンは細胞が突然変異してガン細胞に変ってしまうのを防ぐ働きがあります。

長年にわたって肉等の動物性食品を摂りすぎて発生した過酸化脂質を分解させてシャットアウトしてくれる働きがある様です。
動物性食品を食べる時は、必ずたくさんの野菜や、大豆(豆乳)等と一緒に食べるように心がけ、過酸化脂質の発生を抑える様にすると良いでしょう。

edit

【スポンサードリンク】