豆乳ローション

【スポンサードリンク】

現在、大豆(豆乳)に限らず口に入れて食べる物を材料とした手作りコスメが大変流行っています。
市販の化粧品の様に防腐剤等の添加物が入っていない上にお金もさほどかからないので、その人気は高まっているのです。

豆乳ローションは化粧水の様な美肌の為のローションではありませんが、気になるムダ毛を安全に処理できるので人気を集めています。材料も天然の物なので肌トラブルも少なく、長く続けられると評判になっています。
なぜ豆乳ローションがムダ毛処理に役立つのかというと、大豆(豆乳)には大豆イソフラボンと言う女性ホルモンに似た成分が含まれており、この成分がムダ毛のもとである男性ホルモンの働きを抑えるのです。
「豆乳をじかに塗っても良いのでは?」と言う疑問も生まれますが、豆乳に含まれるたんぱく質は分子が大きく有効成分が肌の内側にまで浸透しないのです。
ですから、レモン汁を加える事によりたんぱく質を固めて取り除き、役立つ成分だけを肌にしみ込ませる事ができるのです。豆乳脱毛ローションの作り方は・・・


[豆乳ローションの作り方]

「材料」
・成分無調整の豆乳(大豆固形成分8%以上のもの) 500ml
・レモンの絞り汁 70ml
・消毒用アルコール 60ml

「作り方」
① 豆乳を弱火で温める。
② 固まりかけたら火を止め(65度位)レモン汁を加える。
③ 消毒用のアルコールを加える。(必ず火を止めてから加えて下さい。)
④ 全体をよくかき混ぜガーゼ等でこす。
⑤ 絞りかすは、捨てて清潔な容器に移し1週間で使い切って下さい。
使う前には必ずパッチテストを行って下さい。

edit

【スポンサードリンク】