活性酸素の種類

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

活性酸素は、動物が生命活動をしている時に、必ず体内に発生する物質です。
そして、老化や健康に害を及ぼし細胞にまで障害を及ぼす原因となるのですが、活性酸素にはどのような種類があるのでしょうか。


「スーパーオキサイド」
三大栄養素である、たんぱく質、炭水化物、脂質をエネルギーに変える時に発生します。 
又、虚血、再灌流、炎症、放射照射 等の場合に生じ生体内の活性酸素の中では、最も毒性の高い酸素です。


「過酸化水素」
生物が生命活動をしている時(呼吸等)に発生している活性酸素であり、SODによるスーパーオキサイド 消去時や、キサンチンオキシダーゼなどのオキシダーゼの酵素反応等から生成します。 

    
「一重項酸素」
紫外線を繰り返し浴びると、皮膚の細胞で大量に発生します。
生物体内で発生した場合は、蛋白、脂質、DNAなどと反応して障害を起こすことが知られています。
一重項酸素を消去する物質には、トコフェロールやカロテノイドが知られています。
カロテノイドの一種であるアスタキサンチンが強力消去作用を示し、特に細胞膜など脂質中の消去に重要な役割をはたします。


「ヒドロキシラジカル」
一重項酸素と共に非常に毒性の高い酸素です。
発生は、水のγ線照射、過酸化水素のレドックス分解や光分解などで見られます。
生体内では細胞障害を与える主な要因と考えられています。
即ち、たんぱく質、核酸、脂質、糖質 等と反応して細胞障害が生ずるということなのです。
毒性が高いため特異的な抗酸化剤は、見出されていませんが、水に溶解しやすいのでアスコルビン酸により消去されると考えられています。

    
「過酸化脂質」
老化等との関連から、重要視される様になって来ています。
体内で脂質を構成成分とする細胞膜をはじめ脂質二重膜に、過酸化脂質生成が大きな影響を与えている様です。
共役二重結合を持つ過酸化脂質は、連鎖反応にて進行し脂質ヒドロパーオキシドが多量に蓄積するため抗酸化剤による脂質過酸化の抑制は、大変重要な様です。

edit

【スポンサードリンク】