アスタキサンチンとコレステロール

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

動脈硬化とは、酸化されたコレステロール(悪玉コレステロール)が血管の内側にこびりついて血液の通り道が細くなり流れが妨げられてしまう症状の事をいいます。
血液中に溶けた脂肪の量が増えすぎると血液がドロドロになり、血行が悪くなり動脈硬化など様々な病気の進行を早めてしまう事になるのです。

この血液がドロドロの状態を高脂血症と言います。高脂血症は自覚症状がないのでわかりにくいのですが、これは様々な病気の前段階なのです。

コレステロールは普段全身に運ばれて身体を作る材料として細胞にとりこまれます。
しかし、活性酸素の影響をうけると細胞への取り込みが上手にできなくなります。
こうしたコレステロールは身体を作る材料にはならず、脂肪を多く含んだ細胞に変化して血管の内側に蓄積されます。

血管の内部にコレステロールが蓄積し続けると、自然治癒力だけで治す事はできなくなり、内膜を厚くし沈着したコレステロールとともに固まりを作りはじめます。
これが動脈硬化で一度できてしまうとなかなか取り除くことは困難なのです。
固まりは徐々に大きくなり血液の通りを悪くし、最悪の場合は完全に塞いだ状態になってしまいます。
この恐ろしい動脈硬化を予防するには、LDLコレステロールと血管の酸化を抑制することが、非常に重要なのです。

アスタキサンチンは体内に入ると血流に乗って全身へ運ばれ、その強い抗酸化力の働きによってドロドロになった血液中の悪玉コレステロールを抑え、善玉コレステロールを増加させてくれる働きがあります。
アスタキサンチンは分子構造上、油にも溶けやすいので、鮭や海老などのアスタキサンチンを多く含む海産物と、カロチノイド系の緑黄色野菜を組み合わせて食べる事で相乗効果がうまれ、抗酸化力はさらに強くなってコレステロールの酸化や、動脈硬化の予防に大変役立ってくれます。

血液をドロドロにしてしまう活性酸素に強く立ち向かい消去するアスタキサンチンは、サラサラ血液を守り、高脂血症や、動脈硬化の予防のために強い見方になってくれるでしょう。

edit

【スポンサードリンク】