アスタキサンチンを摂取するタイミング

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

アスタキサンチンの抗酸化パワーを存分に発揮させるためには、
どの様に摂取したら良いのでしょうか?

「健康食品で摂取する場合」
1日2回 朝夕の食後3mgづつ(1日6mg)
摂取する事が望ましいと言えるでしょう。
特に1日の活動に備えて、摂取する事は望ましいと言えます。
また相乗効果があるので、ビタミンCや、ポリフェノール、アントシアニン、DHA等と
一緒に摂取するとより効果的と言えるでしょう。

「主に含まれる食品」
海老、カニ、鮭、タイ、キンキ、イクラ、オキアミ等の魚介類に主に含まれています。

アスタキサンチンを多く含む鮭は、ビタミンDも豊富に含んでいるので
カルシウムの吸収を良くしてくれる働きもあるのです。
ですから、カルシウムを多く含む食品と一緒に食べるとよいでしょう。

鮭のミルク煮やサーモンを使ったヨーグルトサラダ等は良いのではないでしょうか。
冷え性の人は、石狩鍋や、さんぺい汁等身体の中から暖めてくれる食べ方が良いでしょう。
イクラは、生食がお勧めですが、塩蔵品の為塩分を多く含みます。
ですから、塩分を体外に排出してくれる働きのあるワカメや、イカ等と一緒に食べると良いでしょう。
イカのイクラ和え等は、お勧めです。

又、カロチノイドを多く含む、トマト、人参、にら、かぼちゃ等の陸産物と
組み合わせて食事に取り入れて行くと
アスタキサンチンの相乗効果が一層期待できるでしょう。

edit

【スポンサードリンク】