アスタキサンチンで痴呆の予防

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

活性酸素が大きくかかわっていると言われる病気の一つに、脳の細胞死によっておこる痴呆があります。
人間の身体を形成している細胞は活性酸素の攻撃に対して酸化されやすく、中でも脳細胞は特に酸化されやすいものなのです。
細胞はエネルギー代謝の際に活性酸素を発生させます。脳のエネルギー代謝量は全身の中でも大量なので、脳内での活性酸素の発生量も大量といえます。
これが脳の老化や、脳細胞の死滅にかかわりがあると考えられています。

痴呆が脳や脳血管の老化、細胞死に深くかかわっていると考えられる以上、この病気は誰に降りかかったとしてもおかしくないのです。したがって、出来る限りの予防をすることが大切なのです。

脳以外の臓器は、細胞が死滅しても新しい細胞が作られるのですが、脳だけは二度と新しい細胞はうまれないと言われています。ですから、脳細胞が死滅した場合その部分が脱落してしまいます。
脳の細胞死に活性酸素が大きく関与していることは、明らかなので活性酸素対策としてアスタキサンチンが大変有効であり、効果を期待できると言えるでしょう

アスタキサンチンは、血液脳関門を通過して脳神経系に作用できる抗酸化物質です。この優れた抗酸化力は、脳でその力を発揮し、血液脳関門を通過して脳の毛細血管に生じた活性酸素を除去し、細胞の酸化を抑えて血行を改善するために、その優れた抗酸化力で働いてくれます。
毛細血管の血行がよくなると脳梗塞や脳卒中なども防ぐことができ、脳血管性痴呆の予防にもつながると言えます。

edit

【スポンサードリンク】