アスタキサンチンで糖尿病の予防

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

糖尿病とは、体内の血糖をエネルギーに変換することができずに高血糖などの症状を起こすもので、進行性の慢性疾患です。進行すると血糖以外にも脂肪やタンパク質の代謝にも異常がおこり、昏睡状態に陥ったり合併症を引き起こしたりする、恐ろしい病気です。

このような糖尿病にもアスタキサンチンは、力強い見方になってくれるようです。やはり糖尿病にも活性酸素が大きく影響を及ぼしているようで、糖尿病になると「糖化タンパク」と言う物質が増えますが、その糖化タンパクは大量の活性酸素を発生させ動脈硬化を起こしたり、合併症を起こす原因になっていると言われているのです。

糖尿病が恐れられている大きな理由は、合併症を引き起こすと言う所にありますが、その合併症の種類は心臓病や、脳血管の障害、胃腸障害、泌尿器障害、網膜症、神経障害など様々な症状がみられます。こうした合併症は、予防する事ができ、食事療法やインスリン注射などでコントロールして行けば普通の生活を送ることができます。

そして、合併症の予防に強力な力をかしてくれるのがアスタキサンチンで、動脈硬化や心臓病、脳血管障害、その他、活性酸素が発症にかかわっている病気に威力を発揮してくれるのです。

食事療法にアスタキサンチンを組み込んで行く事により、多くの合併症を予防することが期待できるでしょう。

edit

【スポンサードリンク】