アスタキサンチンで生活習慣病の予防

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

生活習慣病を防ぐうえでの重要なポイントは早期発見ですが、元々この様な病気のもとを作らない事が大切です。
アスタキサンチンは、そのために活躍してくれる物質なのですが、すでに病気にかかってしまわれていても、病気を引き起こす元である活性酸素を抑制する事によりその害を最小限に食い止めてくれるようです。

例えば、心臓や脳の血管が詰まってしまっても血液の流れが再開する事も少なくありません。
気がつかないうちに、この現象は細い血管で起こっているといわれます。
血液の流れが再開する事は良い事なのですが、再開する時に大量の活性酸素が発生します。
この時に生じた活性酸素は、血管の内部でLDLコレステロールを酸化させ、炎症や潰瘍を生み出し、身体に大きなダメージをあたえてしまいます。この活性酸素の攻撃が続く限り、病気は進行していくのです。
そして、アスタキサンチンはその抑制の為に戦ってくれるのです。

また、アスタキサンチンは活性酸素の働きを抑制する働きとともに、免疫細胞を活性化し免疫機能を高めてくれます。
免疫力とは、外部から侵入した細菌やウィルスに対して抵抗し排除する力です。免疫力が高まると言う事はストレス性の病気にも強くなるということで、ストレスが大きな原因とも言われている、心筋梗塞や、脳血栓、高血圧などの生活習慣病の予防にも大変役立つであろうと言うことなのです。

ストレスは外部の環境の変化から身を守るために行われるもので、人間にとって自然な反応なのですが、ストレス状態を長く維持することはできません。
アスタキサンチンは、こうしたストレスの影響をも最小限に抑えてくれる、すばらしいパワーがかくされていると言われています。

edit

【スポンサードリンク】