アスタキサンチンの特徴

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

アスタキサンチンは、血中脂質の活性酸素を抑え、血管を若々しく保ち、
活性酸素から守ることで免疫力を高めてくれます。
最近は、それ自体がガンの増殖を抑制する事も分かってきました。

その他に、ストレスにより免疫力が低下するのを抑えたり、アンチエイジング等、
様々な効果があり、他のカロチノイドと組み合わせる事で、
アスタキサンチンが持つ強力な免疫作用が一層強化されるのです。
また、トリトリェノール、ビタミンC、ビタミンE等は細胞膜が酸化するのを抑制してくれます。

さらに、ウコン(クルクミン)、ローズマリー、セレン等にも抗酸化作用があり、
これらの水溶性、脂溶性の抗酸化物質を上手に組み合わせる事でその効果が相乗的に高まります。

つまり、サケやエビ、カニなどの海産物に含まれるカロチノイドと、
人参、トマト、ホウレン草、レモン等の陸産物に含まれるカロチノイドの組み合わせが、
かけ算的に働いて(相乗効果)活性酸素を無害化するので、
「健康維持」や「美肌」に役立つ大変「相乗効果」の高い栄養素です。

edit

【スポンサードリンク】