アスタキサンチンと肌の働き

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

人間の肌は、様々な働きをしてその潤いを保っています。それは、

紫外線や有害な物質から守る為の保護作用や、
酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する皮膚呼吸、体温を保つ作用、
細菌などを撃退する抗体を作り出す作用、
紫外線を受けてビタミンDを作る作用、刺激を感じる作用
などです。


これらの働きを充分に行うためには、常に新陳代謝を繰り返し、
健康なみずみずしい肌を保っていなければなりません。
しかし、現代社会では多くのストレスやオゾン層の破壊、環境ホルモンの問題、
加齢による新陳代謝の衰えなど、
様々な原因により充分な肌の働きがなされていないのです。

皮膚は大きく分けて表皮、真皮、皮下組織の三つの組織から成り立っています。
表皮は一番上にある皮脂膜で覆われた部分で
この表皮を下から支えているのが真皮と、さらにその下にある皮下組織です。
中でも真皮は肌の本体と言え、ここに肌の張りや弾力を保つコラーゲンやエラスチン
と言う線維があります。
このコラーゲンやエラスチンが細くなり、水分量が減少すると
肌のハリやみずみずしさが失われて充分な肌の働きができなくなるのです。

アスタキサンチンは、コラーゲンやエラスチンの生成を助け、
強い抗酸化作用により活性酸素を消去
し、肌本来の働きをサポートしてくれるのです。

edit

【スポンサードリンク】