アスタキサンチンで紫外線対策

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

太陽光線の中に含まれる光には、主に目に見えない赤外線、目に見える可視光線、紫外線があります。

なぜこの太陽光線の中で紫外線だけが「悪者」とされているのでしょうか?
それは、紫外線のエネルギーの強さに関係しています。紫外線は、太陽光線の中で一番電磁波が伝わる波長が短いため、電磁波が振動する回数が(周波数)高いのです。
この為、エネルギーが強く細胞組織に化学反応を引き起こし、酸化させるのです。

周波数と波長は反比例の関係にあり波長が長いと周波数は低く、短いと高くなります。
そして、周波数が高くなるにつれて電磁波のエネルギーは強くなります。
例えば電子レンジに使われている電磁波は、波長が大変短く高いエネルギーを持っています。
ですから、すばやく食品が加熱されると言う訳です。

太陽光線は波長が大変短いため、物質に化学反応を起こさせるほどの強いエネルギーを持っています。日なたに食品を置いておくと酸化してしまう(腐ってしまう)のは、このためです。

紫外線は、波長の長い方からUV―A、UV―B、UV―Cに分類されますが、
UV-Aは、ほとんどオゾン層に吸収されずに地表にとどきます。UV-Bは、一部吸収され残りは地表へ降り注ぎます。
最も強烈なUV-Cは、全てオゾン層に吸収されるので地表に届くことは今の所ありませんのでUV―AとUV-B。この二つが有害な影響を与える紫外線といえます。

最近では、天気予報でも紫外線情報を流すようになってきましたが、紫外線の有害性を知り、出来るだけ長時間浴びる事のない様に注意して、アスタキサンチンの様な強い抗酸化物質を身体の内外から取り入れて行く事をお勧めします。
アスタキサンチンは、紫外線によって生じた活性酸素(一重項酸素)の消去に大きな力を発揮し、紫外線の害から私達の身体を守る手助けをしてくれるでしょう。

edit

【スポンサードリンク】