色鮮やかな食品

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

食物に含まれる抗酸化物質では、ベータカロチン、ビタミンC、ビタミンE、がよく知られています。

ベータカロチンは、小松菜、ニンジン、カボチャ、ほうれん草、などの緑黄色野菜に多く含まれ、
ビタミンCは、ブロッコリー、キャベツ、イチゴ、キュウイ、などに多く含まれ、
ビタミンEは、うなぎ、アーモンド、サツマイモなどに多く含まれます。

抗酸化物質の代表がこれらのビタミン類ですが、(抗酸化ビタミン)抗酸化物質には、この他に野菜、果物、海藻、木の実などに含まれる、天然色素の成分が数多くあります。

天然色素を代表するものは、カロチノイドと呼ばれる色素の事で黄色、オレンジ、赤、紫と言った色素で、ニンジンのオレンジはベータカロチン、トマトの赤はリコピンなどですが、アスタキサンチンもカロチノイド系の天然色素で、鮮やかなオレンジ色をしています。

カロチノイド系の天然色素は、動植物に広く存在し強い抗酸化力を持つことが知られています。
植物は、光合成をする時にたくさんの酸素を作り出し、これが活性酸素となってダメージを与えようとします。
その活性酸素から身を守るために、抗酸化力を持つ鮮やかな色素になるのです。

どの様な動植物の、どの様な色素に強い抗酸化力があるのか、
今も研究が続けられていますが、[鮮やかな色をした物は、抗酸化力が強い]と言う事は、
間違いのない事実と言えるでしょう。

野菜や果物でも新鮮な物の方が栄養価が高く、淡い色の物よりも濃い色の物の方が強い抗酸化力を持っています。
自然が作り出す鮮やかな色の中には、強力なパワーがかくれているのです。

アスタキサンチンの鮮やかなオレンジ色の中にも、生物の命を守る強力なパワーがひそんでいるのです。

edit

【スポンサードリンク】