鮭の身が赤いわけ

話題のアスタキサンチンのサプリメントや活性酸素の抑制などについて調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

紅色をした鮭は、本来白身の魚である。と言う事をご存知ですか?
では、なぜ白身の魚であるにもかかわらず紅色をしているのでしょうか。

鮭は川で生まれ海で成育する魚ですが、
成魚になると生まれた川へ戻り、産卵しそこでその一生を終えます。
生まれた川へ戻った鮭は、河口で暫く過ごし産卵場を求めて川を上るのですが、
これは鮭にとって命がけの行為であり、この行為のためにたっぷりと餌を食べて
体力を養います。
この餌の中に豊富に含まれているのがカロチノイド系の赤い色素アスタキサンチンなのです。

先に述べた通りアスタキサンチンは、ヘマトコッカスと言う藻類に含まれる色素成分で
藻類からプランクトンや、海老、カニ、魚類等へ食物連鎖によって取り込まれます。
鮭はカニの幼生や甲殻類を餌にしているので、この餌をたっぷり摂る事により
アスタキサンチンが体内に取り込まれ、白い身が鮮やかな紅色になるのです。

大変な思いをしながら川を上り産卵をする鮭のスタミナはアスタキサンチンの成せる力でしょう。
川を上流へ上る時に、鮭は浅瀬を泳ぎ、
強い紫外線と激しい運動によって生じる活性酸素と戦っているのです。
鮭に活性酸素を消去する力があるからこそ、この行為を成し遂げることができるのではないでしょうか。

海洋生物に含まれるたんぱく質や、脂肪、ビタミン、ミネラル、これらの力はもちろんの事、
強い抗酸化力を持つアスタキサンチンのはたす役割が大きいのは間違いないでしょう。

edit

【スポンサードリンク】