気管支炎

【スポンサードリンク】

気管支炎には急性と慢性があり急性の症状は、発熱を伴い咳や痰が出てきます。症状が進行すると咳も激しくなり痰の粘度も濃くなり、重症になると胸が痛むようになります。慢性は、日常的に軽い咳や痰がからむ程度で日常はあまり自覚症状がないようです。
気管支炎の原因は体質もありますが、大気汚染や喫煙が原因になると言う事も最近注目されています。
また、風邪等がもとで気管支内に菌が繁殖して炎症をおこし発病する場合もあります。急性気管支炎の手当てが悪いと、慢性に移行することがあります。

アロエには気管支の粘膜の荒れを改善してくれる働きがあるのですでに炎症をおこしてしまった後でも効果がみられるようです。アロエの内服方法は市販のアロエ粉末飲んだりアロエの水あめをなめたりすると良いでしょう。アロエの水あめは苦味がなく喉にもやさしいのでお勧めです。
(作り方はアロエを使った料理の「デザート」の所で紹介しています。)
甘くて食べやすいので小さなお子様にもあたえやすいでしょう。
痰がひどい場合は、水分をたくさんとって痰が出やすい状態にしアロエジュースやアロエ茶など、水分とアロエを一緒にとるのが大変良いようです。

気管支炎にかかってしまったら、タバコはやめて外出時はマスクをつけるなどの注意が必要です。

edit

【スポンサードリンク】