痔にアロエ

【スポンサードリンク】

痔とは肛門に関する様々な病気のことです。症状には、裂傷ができるきれ痔、静脈が腫れるいぼ痔、細菌感染による痔ろう、脱肛などです。タイプによって症状は違いますが普段は軽い痛みや違和感を、感じる程度です。
しかし、排便時に強い痛みを感じたり出血したりする事があり、炎症を起こすと悪化して、大変な痛みを感じ苦しむようです。

痔の原因は様々ですが食生活が不規則、過度の飲酒、タバコのすい過ぎ、刺激物の大量摂取、長時間の座り仕事、運動不足、妊婦、便秘などがあげられます。便秘症の人は排便時の便が固いので肛門粘膜を傷つけやすく痔に悩む人が多いようです。

痔を治すにはまず便秘の改善しなければなりません。軽い症状なら便秘を改善しただけでも気にならなくなります。アロエは便秘の治療薬として有効なので、おろし汁を飲むなど内服しても効果的です。
症状が進み炎症を起こしてしまった場合には、アロエのゼリー状の部分を患部に塗布します。トイレに行く度に塗る様に心がけるとアロエの消炎作用が炎症を抑え、痛みを和らげて徐々に出血が止まってくるようです。
ですが、あまりひどい症状の場合は手術が必要な場合もありますので専門医に受診する事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】