便秘にアロエ

【スポンサードリンク】

排便は1日1~2回もしくは二日に1回あるのが一般的ですが、2~3日以上便通がなくしかも固く排便時に苦痛を伴う症状を便秘と言います。便秘には一時的なものと慢性的なものがあり、この慢性的な便秘が最も(常習性便秘)問題になります。常習性便秘には緊張が強すぎて起こるけいれん性便秘という精神的なストレスが原因になるものもありますが、大半は大腸の動きが低下し腸に内容物が長くとどまり水分が吸収されてしまい固くなり排便が困難になると言う便秘です。直接の原因は繊維質の不足、運動不足、定時排便の習慣がないなどがあげられます。主な症状は、食欲不振、お腹がはる、肌荒れ、頭痛、痔などですが、腸の中に便が長くとどまるので、水分とともに本来は排出されるはずの有害物質も血液に吸収されてしまい体調不良を引き起こします。

アロエには強い緩下作用があるので内服を続ける限り毎日排便があると言う人がほとんどの様です。ただし、量が多すぎると下痢をおこすので注意して下さい。
内服方法は、4cm程のすりおろしたアロエの汁を朝晩大さじ1杯位飲むという方法です。アロエ汁は苦くて飲みにくい人や、効きすぎて下痢をしてしまう人は、うわずみ液だけを飲むと良いでしょう。
アロエを内服してから便通までの時間は個人差があるようですが、一般的には数時間から翌日には便通があるようです。また、効きめの穏やかなアロエ粉末や粒剤を毎日飲んでも良いようです。

edit

【スポンサードリンク】