更年期障害

【スポンサードリンク】

更年期とは閉経前後の数年間を言い、更年期障害とは閉経を迎えた女性に様々な不快症状がおこる事です。
その症状は実に様々で自律神経失調症と似ていて、精神的に不安定になり、怒りっぽくなる、塞ぎこむ、めまい、冷え、のぼせ、発汗、不眠、腰痛、肩こり、月経痛、肥満などで、このいくつかの症状が一緒になってあらわれるようです。

原因は、衰えてきた卵巣が、ホルモンを多量に分泌する事でこのために体内のホルモンバランスが崩れてしまうという事です。女性である以上はこの現象は避けられません。程度の差は個人個人でありますが、生理現象の一つなのでこうした症状が現れても、くよくよせずに気持ちを明るく持って生活の中に生きがいをみつけ、バランスの良い食事と適度な運動をしながら不快な症状を吹き飛ばす様な気持ちを持つ事が大切です。

アロエを内服すれば症状が完治すると言う事ではありませんが、アロエは新陳代謝を活発にし、血液の循環を高めるので更年期障害に伴う様々な症状を緩和するのに役立ってくれるはずです。

アロエの生葉やしぼり汁を毎日食べたり、飲んだりすると不快な症状を軽減し快適な生活が送れるようです。
また、アロエ酒を作り(作り方はアロエを使った料理の「アロエ酒」の所で紹介しています。)
寝る前に飲んでみると言うのもよいようです。

ですが、症状の程度は様々なのであまりひどい時には、カウンセリングなど専門の治療を受ける事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】