アロエで髪を守る

【スポンサードリンク】

アロエは皮膚を清潔な状態に保つ手助けをしてくれるものですが、頭皮にも同じ様に作用してくれるようです。
頭皮も髪の毛と同じ様に乾燥や紫外線によって水分が失われたり、傷ついてカサカサになります。
アロエは頭皮に働きかけて新陳代謝を活発にすると共に、乾燥やフケには水分と油分を与え、しっとりとした健康な頭皮にしてくれます。また、脂性でベタツキが気になる場合には、皮脂の分泌を抑え痒みも和らげて
くれるようです。さらに、再生能力を高める力が枝毛や切れ毛で傷んでしまった髪に作用して、しなやかな髪を育ててくれます。普段からブラッシングや洗髪を丁寧にしてアロエを使用する事により美しい髪と健康な頭皮を保つ努力を心がけましょう。

アロエは用途が広く、シャンプー、リンス、トリートメントにも使えます。まず、基本となるアロエ汁の作り方を紹介します。

「アロエ汁の作り方」
洗ってトゲをとったアロエの生葉をすりおろし、二枚に重ねたガーゼでこします。この汁が基本のアロエ汁で、これを用いてシャンプー、リンス、トリートメントに使用します。この汁は長期保存できませんので、その都度作るようにします。シャンプー等のボトルに混ぜて作り置きはできませんので、注意してください。

初めにシャンプーとして使用する場合は、市販のシャンプーを手のひらにとり、そこに2~3滴アロエ汁を混ぜ合わせて普通にシャンプーをして下さい。そしてお湯でよく洗い流し頭皮に残らないようにします。
シャンプーが残っていると、フケや痒みの原因になるのでしっかりすすぐ事をお勧めします。
次にリンスですが、シャンプー同様に市販のリンスに混ぜ合わせる方法と、アロエ汁を2倍程に薄めて、直接髪につける方法があります。どちらでもよいですが、この時、頭皮をよくマッサージして髪や頭皮にしみ込ませる様にすると、髪は大変しっとりするようです。
枝毛や切れ毛でひどく髪が傷んでいる場合には、トリートメントがお勧めです。まず、シャンプー後の髪をタオルで拭いて水気をとります。2倍程に薄めたアロエ汁を手のひらにとり髪と頭皮にすり込むようにしてよくいきわたらせ、なじんだら蒸しタオルで包み込んで、10分程湯船につかってまちます。蒸気が湿り気を、あたえてよりしっとりさせてくれるでしょう。タオルをはずしもう一度マッサージしてからお湯ですすぎます。アロエ汁を直接肌につけても大丈夫な方は、水で薄めずに使用するといっそうしっとりさせてくれる様です。

edit

【スポンサードリンク】