日焼けにアロエ

【スポンサードリンク】

日焼けは以前は骨や皮膚を丈夫にすると言う効果があると言われていましたが、現在では紫外線による害が、大きく取り上げられています。紫外線を過度に浴びるとシミやそばかすができやすくなるとか、皮膚を傷める、ツヤがなくなるなどと、肌のトラブルを起こしやすくなるようです。さらに皮膚ガンとの関係も心配な所です。

日焼けは一種のやけどと同じで限度を超えた急激な日焼けは皮膚への悪影響を及ぼし、美容の点からも好ましい事とはいえません。日焼けには2種類のものがあり、まず、急激に焼いて肌が赤くほてりヒリヒリした感じをともないます。もう一つは、繰り返し日焼けする事で肌が黒くなってメラニン色素が増えると言うものです。どちらも日焼け後のケアは、きちんと行う事をお勧めします。どうしても日焼けをしたい場合は、何日もかけてゆっくりと焼く方がよいでしょう。そして、日焼け止めクリームなどを塗り紫外線の浸透を弱める方が良いでしょう。

日焼けしてしまった肌はできるだけ早く手当てする事が大切です。アロエでの手当ての方法としては、ゼリー状の部分を薄く切ってほてった部分に直接はりつけます。痛みがひどい場合は、多めに貼って包帯で固定するとよいでしょう。アロエの消炎作用が働いてほてりや痛みを和らげてくれるでしょう。
市販のアロエ化粧水等も効果的なようです。肌の弱い人はしぼり汁を薄めてガーゼなどにつけて使用すると良いでしょう。

顔に日焼けには、アロエパック(やり方は、あとで紹介しています。)が大変効果的なようです。すばやく元に戻したい時には大変便利でしょう。さらに、しぼり汁をガーゼでこした物をぬるま湯に入れて洗顔に使用するのもお勧めです。

とはいえ、日頃からできるだけ日焼けしないように心がけることが、みずみずしい肌を保つ為には、最も重要な事だと言えるでしょう。ほんの少しの外出にも油断せずに紫外線から肌を守る事を忘れない様にしたいものです。

edit

【スポンサードリンク】