シミ・そばかすにアロエ

【スポンサードリンク】

シミ、そばかすはともに、皮膚の内側にメラニン色素が沈着して起こる現象です。
シミは30代半ば頃から額や頬などにできはじめます。薄茶色から徐々に濃くなっていきます。
そばかすは、細かい薄茶色の斑点が目の周りや頬等に集中してできます。生まれつきできやすい体質の人に生じやすく年齢が進むにつれて目だってきます。どちらも紫外線は大敵で、紫外線から肌を守る事が大切です。

大量の紫外線を浴びる事によってメラニン色素を合成する酵素が活性化し、色が濃くなったり、数が増える等してしまいます。長時間紫外線を浴びる事を極力さけ紫外線対策も充分に心がける事をお勧めします。

シミの原因は、ホルモンのバランスによるものもあるようですが、年齢的な問題も多くあります。
中年以降になると新陳代謝が鈍くなりその事によりシミができてしまうと事もあります。
ですから、新陳代謝を活発にする為にもアロエの内服をお勧めします。内服すると新陳代謝が活発になり、シミの発生を防ぐ効果があるようです。しかし、それでもシミができてしまった場合は、生葉のゼリー状の部分をシミの部分にすり込みます。これは、しぼり汁でもかまいません。かれを毎日続ける事により症状はゆっくりと、改善されていくでしょう。

そばかすは、シミ以上に紫外線を気をつける必要があります。紫外線を浴び続けるとそばかすは、増え続けると言われているのです。そばかすの手当ては、シミと同様に内服と外用の併用が効果的ですが、よりこまめに行うことが何よりも大切です。

アロエは刺激が少なく肌の敏感な人でも比較的安心して使えるものですが、心配な人はあらかじめ、パッチテストを行ってからが良いかと思われます。パッチテストは、就寝前にそのゼリー状の部分を腕の内側に貼り付け固定しておきます。翌朝になっても痒みや赤みが出なければ大丈夫と言えるでしょう。
また、アロエを初めて使用する場合は、生理中や体調の悪い時など、肌の敏感になっている時は避けた方が良いでしょう。

edit

【スポンサードリンク】