湿疹・あかぎれ

【スポンサードリンク】

湿疹とは皮膚が炎症反応をおこしている状態の事をいい、あかぎれとは寒さなどで脂肪膜を刺激し、皮膚が割れたり深い裂け目ができてしまう状態の事をいいます。皮脂や汗の分泌が減少してくる40代以降の水仕事の多い主婦によくみられる症状です。

湿疹の場合軽い症状ならゼリー状の部分か汁を1日に何度か塗るだけで症状は落ち着くでしょう。
内臓の調子を整える為に、内服も行うとより効果的と言えるでしょう。アレルギーで起こった場合は、その原因を調べる事をお勧めします。湿疹を治療する為には、まずその原因を取り除くことが大切です。
その上で、敏感になっている部分を清潔にし、炎症をおさえます。アルコールや刺激物を控え香料の使われた石鹸や入浴剤は使わないほうが懸命です。原因がはっきりしない場合は専門医の診察をうけその上で、アロエを使用する事をお勧めします。

あかぎれの場合は、寒さから皮膚を守り血液の循環をよくする事と、クリームなどで油分を補給する事が大切で、その上から手袋をして寒さから守ってあげるとより効果的です。
空気が乾燥して寒い季節は、特にお風呂上りなどの血液の循環がよくなった時に、アロエ汁やゼリー状の部分を肌にすり込むと効果が高いでしょう。患部がひびわれてひどくなっている場合は特に傷口にすり込む様にすると新陳代謝が高まり回復が早く、傷痕もキレイになるでしょう。また、アロエの葉を食べたりアロエジュースを飲むなどの内服もお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】