アロエとは?

【スポンサードリンク】

アロエは、健康食品または民間薬として暮らしのなかに定着してきましたが、医学的、薬学的にも正式に認可されている効果と、その体験などから伝えられる効果があります。いまだにわかっていない成分も多くありますが、100以上の成分が確認されており、他の成分との相乗効果によって効果を発揮するのが特徴です。

日本で一般的なものはキダチアロエと言う品種でこれは、寒さに強く日本での栽培に適し薬効も高いことから多く利用されています。
アロエベラは、アメリカ産ですがこれは、葉が肉厚で薬効成分が多いことから最近特に注目されている品種です。

火傷や擦り傷などの外傷の他、便秘や内臓の働きを促進するなどその薬効は幅広く、日常生活の中での応急処置に家庭の常備薬として昔から用いられ万能薬と言われています。

アロエがどのように人体に薬効があるかは、まだ全部解明されていませんが、多くの成分が抽出されその薬効成分もかなり解明されてきています。アロエの特徴は、成分の相乗効果で人間自身が持つ自然治癒力を高め、より効果的にする薬効成分が多く含まれ自然治癒力をサポートすると共に、症状を改善して行くということです。

また、科学的に合成された薬品は、長期間使用すると身体に抵抗力がつき、強い効き目の物に変えて行かなければならない事があります。しかし、アロエは自然のものですからそのような事はなく、常用する事でその効果が現れてくるというものです。副作用がないので、お年寄りから小さなお子様まで安心して用いることができるのです。

また、アロエの特徴に一つに粘膜や皮膚にしみ通りやすいと言うことがあります。内服すると胃腸の粘膜からすぐに体内に吸収され、短時間で効果があらわれます。外用に使った場合も皮膚にしみ通りやすく、すぐに血管の中まで入ると言われています。特に切り傷がある時は、患部に直接働くので健康な皮膚につけた場合よりも入りやすくなるようです。
アロエは、細胞の欠損部分を再生させるためにも働いてくれるので痕もきれいに修復してくれます。

しかし、そんな素晴らしいアロエでも、使い方を間違うと効果が出ないだけでなく、下痢をしてしまったりする事もあるのです。アロエの効果を最大限に引き出すために、アロエの性質を理解していきましょう。

edit

【スポンサードリンク】