アロエを煎じる

【スポンサードリンク】

どうしてもアロエをそのまま食べるのは苦手と言う方にお勧めなのが、この煎じて飲む方法です。
アロエの煎じ汁は生葉に比べると穏やかに作用するので子供やお年寄り、虚弱体質の方には向いていると言えるでしょう。ですが、薬効は生葉と変わりません。そして生葉をおろした汁を飲むよりも口当たりは良いでしょう。

「煎じ方」
① きれいに洗ったアロエのトゲを取り除き出来るだけ薄く切ります。(薄い方が成分がでやすいようです。)
② 鍋にアロエと同量の水を入れ火にかけます。
③ 沸騰したら弱火にして一時間程煮詰めます。全体の量が半分位になったら火を止めて冷まします。
④ 冷めたらガーゼでこして搾り蓋のある容器にうつして冷蔵庫で保存します。この汁は冷蔵庫で1週間程冷凍だと2ヶ月は保存できます。一度にまとめて作っておくと便利ではないでしょうか。
(アロエは熱を加えても薬効は弱まりません。)

「飲み方」
大さじ3~4杯の煎じ汁をそのまま飲むか、お茶等で薄めて飲んでもかまいません。
ただし、一緒に服用するものによって効き目の表れる早さが違ってきますので注意して下さい。
甘味料を加えて飲む場合には、甘味料にアロエの吸収を遅らせる作用がありますから薬効が表れるのが少々遅くなります。
煎じ汁で服用するだけでもゆっくりとした効果になるのに加え、更に緩やかになるので効き目がなかなか表れないと思って多量に服用する事のないようにして下さい。
また、アルコールと一緒に服用すると量が同じでも薬効が強く表れます。体の弱い人は注意して下さい。

edit

【スポンサードリンク】